みんなすぐ決めてるの?【建売住宅編】

公開日:2019年04月28日

建売住宅イメージ

圧倒的なコストパフォーマンスが魅力の建売住宅。

 

「見て気に入ったけど、大きな買い物だしすぐ決めて良いのかな?」

「みんなはもっとじっくり検討しているのかな?」

 

住宅は大きな買い物ですから悩むのは当然です。

 

そんな貴方向けのコラムです。

建売住宅は70点以上なら即「買い」です

会社バナー

当社で取り扱いしております新築分譲住宅シリーズですが、

注文住宅に比べ圧倒的にコストパフォーマンスに優れているので

おかげ様で売れています。

 

さて、そもそも建売住宅と注文住宅の違いは何なのか?

 

自分にはどっちが向いているのか?

 

お客様にとっては悩む所でしょうが、それぞれ一長一短あるので、

それを解説したいと思います。

 

☆ 注文住宅の最大のメリットは「オーダー感」

 

注文住宅の場合、最大のメリットは自分好みに間取りから

設備から色柄まで好きに出来るという「オーダー感」です。

服に例えると、フルオーダーの服や既成の服をお直しする

セミオーダー的感じでしょうか。

どうしてもそのようにしたい場合は建売住宅はお勧め致しません。

 

☆ 注文住宅は価格が高いのが最大のデメリット

 

土地を買って、家を注文で建てて、外構工事をやって・・・

となりますと、当然価格は高くなります。

建売と同じ位の金額では逆立ちしても出来ません。

なぜかと言うと、建売住宅の場合は様々な仕入れや諸々の

コストカットをスケールメリットを活かして行っていますので

お手頃な価格を実現できるのです。

 

☆ 建売住宅の最大のメリットは「価格」

 

上記の通り、当社で取り扱っている建売住宅の場合、日本全国で

年間約45000棟というスケールメリットを活かして諸々の

コストダウンを実現し、魅力的な価格で販売しております。

 

安いだけでなく、性能もしっかりしておりますので、注文に

こだわりが無ければお客様にとってこれ程メリットがある事は

無いかと思います。

 

様々な事例を見ていくと、花巻市内でも総額で物件や

ハウスメーカーによっては1000万円以上開きが出る事もあるのです。

 

ちょっとびっくりですよね・・・

 

☆ 建売住宅の最大のデメリットは「変えられない事」

 

当たり前の話ですが、建売住宅は既に完成しておりますので

あれこれ注文を付けて変えるような事は出来ません。

もちろんリフォーム工事で変える事は可能なのですが、

新築の家を即リフォームする人はあまりいませんよね。

 

そこで一つの目安なのですが、お客様の目から見て

諸々の条件(間取り・設備・インテリア・価格など)が

70点以上であれば、「買い」です。

 

そもそも、注文住宅にしたからと言って、100%満足できる

家が出来るものではありません。

「家は3回建てないと満足できる家は出来ない」等とも言われています。

 

であれば、建売住宅でも70点以上付けられると思うようでしたら

その家は「買い」なのです。

 

多少気に入らない部分があるとしても、概ね満足出来るようであれば

許容範囲内と考えた方が、良い物件を安く買うことが出来ます。

みんなすぐ決めてるの?こんなに早く決めて良いの?

人1

さて、物件も気に入り購入に向けて話を進めて行く段階で

ふと貴方は思うかもしれません。

 

「待てよ。こんなに早く決めて良いのかな?」と。

 

ちなみにいろいろなお客様にご購入いただいておりますが、

皆さん決断は早い方が多いです。

 

と言うのも、そもそも良い物件は足が速いので、早く決断しないと

他の方が購入しちゃうので買えないのです。

 

「いやいや。そうは言ってもじっくり考えないと」

 

そうですよね。高い買い物ですから。

 

しかし、考えてみて下さい。

いきなり散歩の途中で家を見に来て買う事を決める人が

いらっしゃると思いますか?

 

実際、このページをご覧になっていらっしゃるという事は

これまでネットでもいろいろ物件を探したり、どうしたら

良いか考えたり、また物件を探したりと、検討されたからこそ

今こうしてこのページや物件のページをご覧になっているのでは

ありませんか?

 

更に当社に問い合わせをして物件を見に行くという事は

かなり決意が要る事ではありませんか?

 

実際に物件をご案内してお話を伺うと、ネットやチラシや

人の話やいろいろご検討されて見にいらっしゃる方がほとんどです。

 

その上で実際に自分の目で見て確信を持たれて購入に至るという

ケースがほとんどなのです。

その為、内覧から購入までの期間は非常に短期間で皆様購入いただいております。

 

実際に物件を見るところがスタートで、そこからじっくり検討するというイメージが

あるかもしれませんが、様々な方からお話を聞くと、内覧の時点で既に

じっくり検討していて、他の物件等も不動産屋の私が驚くほどご存知だという

ケースもあります。

 

つまり、もう既にじっくり検討されているのです。